健康診断の方

健康診断について

個別がん検診・
精密検診

当院は福井県がん検診機関として指定を受けています。

検診

当院は、福井県の受託医療機関としてがん検診を行っており、対象の方は自己負担金の一部(所得により異なる)の助成を受けることができます。また、他の医療機関でがん検診を行った結果、精密検査が必要になった場合は、医療機関と連携しながら、その後の検査・治療のサポートも行っています。
県内にお住まいの方は、市町が発行するクーポン券が利用できます。

検診の対象

  一次検診 精密検診
胃がん
大腸がん
肺がん
乳がん
子宮がん

企業検診
労働安全衛生法による健診

タイトルアイコン定期健康診断

検査内容

検査内容 35歳を除く
40歳未満の方
35歳と
40歳以上の方
既往歴、現病歴及び業務歴の調査
自覚・他覚症状、嗜好品(タバコ・アルコール)の調査
医師の聴打診
身長、体重、腹囲、視力、聴力
胸部レントゲン
血圧測定
尿検査(蛋白・糖・ウロビリ・潜血)
貧血検査(赤血球数・白血球数・Ht・Hb・血小板)
肝機能検査(GOT・GPT・γ-GTP)
血中脂質検査(中性脂肪・HDL・LDL)
糖尿病検査(血糖・HbA1C)
心電図検査
費用 3,000円 6,500円

オプション検査項目

コース
乳がん?
(49歳以下)
乳がん?
(50歳以上)
大腸癌
胃癌
前立腺癌
腎機能障害
血糖
動脈硬化
貧血
肝機能
心電図
コース コース内容 費用 35歳を除く
40歳未満の方
35歳と
40歳以上の方
乳がん?
(49歳以下)
視触診、マンモグラフィ検査(2方向) 15,000円
乳がん?
(50歳以上)
視触診、マンモグラフィ検査(1方向) 5,500円
大腸癌 便潜血検査 300円
胃癌 血清ペプシノーゲン検査 3,500円
前立腺癌 PSA精密検査 1,600円
腎機能障害 BUN検査、UA検査 300円
血糖 グルコース、HbA1c 400円
動脈硬化 HDLコレステロール、中性脂肪、
LDLコレステロール
400円
貧血 グルコース、HbA1c 400円
肝機能 グルコース、HbA1c 400円
心電図 グルコース、HbA1c 400円

乳がん検診についての詳細
はこちら

タイトルアイコンその他の企業健診

雇入れ時健診 労働者を雇用する時に実施する健診
特定作業者健診 夜勤労働者などが6ヶ月に1回受ける健診
特殊健康診断 じん肺・有機溶剤・鉛・電離放射線などの健診

その他の健康診断

タイトルアイコン協会けんぽ生活習慣病予防健診

35歳以上75歳未満の方が受診できます。
なお、40歳から74歳までの方は生活習慣病予防健診を受診すると、特定健診を受診したことになり、メタボリックシンドローム予備軍と判断された方は、特定保健指導を受けることが出来ます。

タイトルアイコン鯖江市国民健康保険人間ドック

早期発見、早期治療に努めましょう。

生活習慣病と呼ばれる心臓病、糖尿病、腎臓病やがんなどは自覚症状がないまま進行し心筋梗塞や脳梗塞を引き起こします。時には死に至ることもあるため、サイレントキラーと呼ばれています。
年に一度は健康保険人間ドックを受けて、早期発見、早期治療に努めましょう。

タイトルアイコンアミノインデックスがんリスクスクリーニング検診(AICS)

がんの人では血液中の各種アミノ酸濃度バランスが変わります。それを基にがんに罹患しているリスクを予測する検査です。

  • 一度の採血で、複数のがんを同時に検査できます。
  • 採血による簡便な検査で、健康診断時に同時に検査が受けられます。
  • 早期がんにも対応した検査です。
対象者年齢 25歳~90歳
ただし、前立腺がんは40歳~90歳、子宮がん、卵巣がんは20歳~80歳
対象となるがんの種類 【男性】 胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・前立腺がん
【女性】 胃がん・肺がん・大腸がん・膵臓がん・乳がん・子宮がん・卵巣がん
本人の費用負担 男性女性共に \24,000(税別)

検査前8時間以内に、水以外(食事、サプリメント等)を摂らずに、午前中に採血をします。
検査前日の夕食も肉、魚等の高たんぱく質の食事は摂り過ぎないようにしてください。
結果は採血後2週間ぐらいかかります。

pdf結果報告の一例

タイトルアイコン早期アルツハイマー型認知症診断支援(VSRAD)

これまで難しかった認知症の早期診断を通常のMRI検査を行うことでアルツハイマー型認知症を早期に発見でき、お薬により認知症状の進行を遅らせることが出来ます。「物忘れ」が気になる方は検査を受けられることをお勧めします。
認知症についての詳しく知りたい方はイーローゴ・ネットをご覧ください。

VSRADとは?

VSRAD VSRAD
「VSRAD」で、これまで難しかった早期発見が可能に。
アルツハイマー型認知症(痴呆)では海馬・海馬傍回の萎縮がもっとも早く起こることが判明しています。従って海馬・海馬傍回付近の萎縮を評価することが早期アルツハイマー型認知症における画像診断のポイントです。特徴的に見られる海馬傍回付近の萎縮形態画像情報を解析し、診断支援情報に変換するシステムです。
このシステムの開発により、MRIの画像診断においてこれまで目視では難しかった早期アルツハイマー型認知症診断の支援情報を提供することが可能となりました。

VSRADはあくまで海馬傍回付近の萎縮を客観的に評価する検査です。海馬傍回付近の萎縮が見られても、アルツハイマー型認知症とは限りません。症状・経過などとあわせて診断してもらうことが大切です。

pdf結果報告の一例

情報提供 : エーザイ株式会社

健診に関する
お問い合わせ

医療法人
広瀬病院 健診課
TEL:0778-51-3030
pagetop

(c)2018 Hirose Hospital